天気予報

24

16

みん経トピックス

セグウェイでランチツアーつくばでワールドフットサル

冬の風物詩「つくば光の森」始まる―イルミネーション点灯

 つくばの冬の風物詩となっている「つくば光の森2014」が11月22日に始まり、つくば駅周辺をさまざまな色のイルミネーションが彩り始めた。

 今年のテーマは「感謝の思いをきらめきにかえて~未来へ繋(つな)ぐキセキのひかり~」。光の森実行委員会を構成するつくば青年会議所のメンバーと学生らで決めた。22日当日は、点灯式を行い、さまざまステージイベントも繰り広げた。

 つくば駅周辺のペデストリアンデッキ(歩行者専用道路)にある約50本のケヤキ並木はLEDで照らされている。10回目となるイルミネーションは10年間毎年変わってきた、さまざまな色を融合させた5色でライトアップされている。

 中央公園では近隣の小学生児童が毎年テーマを決めて先生と一緒に作る光のアートを展示。クレオスクエア広場では、毎年恒例の光のメリーゴーラウンドで子どもたちが楽しんでいる光景も見られる。

 実行委員長の根本さんは「夜が寂しいつくば駅周辺を光で照らそうと企画して10年。冬のイベントとして定着し、寒空の夜空を人と光と皆さんと集っていき、融合して、これからもさまざまな方に協力してもらいながら、つくば中心から近隣へと、つくば全体の光となれば」と期待をこめる。

 点灯時間は16時30分~24時。2015年1月12日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

筑波山梅林では、2月21日~3月29日に開催される「第42回筑波山梅まつり」のPRが1月16日の横浜駅でのキャンペーンを皮切りに始まった。7人のつくば観光大使が、それぞれの場所で呼び掛ける。 9日には、7人全員で、茨城県知事を表敬訪問。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング