天気予報

24

16

みん経トピックス

筑波山で「婚活登山」「筑波山梅まつり」をPR

つくば「つくばねファーム」でイチゴ狩り始まる

1000坪のビニールハウスで栽培しているつくばねファーム(つくば市和台原)で今年も、イチゴ狩りが始まった。

つくば「つくばねファーム」でイチゴ狩り始まる

もともとトマトハウスを引き継ぐ形で、2007年から小辻さんが営む農家。いちご狩りをメーンに、摘みたて直売、ジャムの販売やイチゴのパフェ・かき氷を提供するカフェを併設する。

イチゴは寒さに当てるとより糖度が高くなるため、同ファームではぎりぎりまで寒さに当てて一粒一粒の甘みを増していく。イチゴ狩りでは、静岡の品種で茨城では1割ほどしか出回っておらず、大きな粒・果肉も柔らかく中まで真っ赤で香りも強い「紅ほっぺ」、栃木の品種で、大粒で甘みも強く実も堅く食味がいい「とちおとめ」、茨城の品種で糖度が高く酸味が少ない「ひたち姫」の3品種が対象。

摘み取る説明を受けた後、時間内で好きなだけイチゴを食べ、残ったイチゴのヘタは同ファームのマスコットのヤギが餌として食べる。

水戸から家族で訪れていた小学生の姉弟は「甘くておいしかった。30個位食べておなかがいっぱいになった」と笑顔で応えた。 

小辻さんは「直接来てくれる人に一番いい旬のイチゴを届けられるように、イチゴのおいしさを調整している。春にはビニールハウスの横にあるくぬぎの森でバーベキューもできるのでぜひ遊びに来てほしい」と呼び掛ける。

イチゴ狩りの所要時間は約40分。1日4回。5月まで実施。料金は、大人=1,500円、小学生=1,200円、3歳以上の幼児=900円。完全予約制でホームページの予約フォームで受け付ける。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

筑波山梅林では、2月21日~3月29日に開催される「第42回筑波山梅まつり」のPRが1月16日の横浜駅でのキャンペーンを皮切りに始まった。7人のつくば観光大使が、それぞれの場所で呼び掛ける。 9日には、7人全員で、茨城県知事を表敬訪問。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング