見る・遊ぶ 買う

つくばの地域密着バンド、新曲は「平坦なまちの立体的な思い出」歌う 初披露へ

ミニアルバム「CENTER ZAKA」

ミニアルバム「CENTER ZAKA」

  •  
  •  

 つくばを中心として活動するKENNYBANDが新曲「センター坂」を5月26日、FROG(つくば市天久保1)で開かれるイベント「ORB~祝!新元号 初夏の宴 2019~」で初披露する。

 当日はオープニングアクトとして「つくばスタイル」「センター坂」「星がキレイ」「並木大橋」「終点つくば」の5曲を披露予定。

[広告]

 KENNYBANDは、これまでつくばをテーマに「愛してるつくば」やつくばセンター広場で毎年実施されるイベント「ふるさとつくば ゆいまつり」のオリジナルソング「ゆいまつりのうた」などを手掛け、「地域密着バンド」として活動を続けている。

 ボーカル・ギター担当のケンニイさんは新曲「センター坂」について、「センター広場から松見公園方向へ向かった坂をセンター坂と名付けた。平たんなまちでの、立体的な失恋の思い出を描いてる」と話す。

 新曲「センター坂」を含むミニアルバム「CENTER ZAKA」(1,000円)は会場で購入できる。

 開催時間は19時~。入場料は、前売り=3,000円、当日=3,500円。

  • はてなブックマークに追加