天気予報

19

10

みん経トピックス

つくばで子育て写真講座土浦駅前にもつ鍋店

つくばの老舗旅館「江戸屋」にデザイン障子、一部を和モダン柄に

つくばの老舗旅館「江戸屋」にデザイン障子、一部を和モダン柄に

食事部屋の新しい障子

写真を拡大 地図を拡大

 筑波山の老舗旅館「筑波山江戸屋」(つくば市筑波、TEL029-866-0321)が11月、館内の障子をリニューアルした。

 使用した障子は「ゆめあり」というデザイン障子で、新手法を使い通常の障子よりも耐久性が高いのが特徴。「障子を替えただけで室内が華やかになった。まるで改装をしたような感じ」と同旅館取締役の吉岡美奈さん。

 最初はトライアルも含め、浴場へ向かう階段部分の窓の障子を張り替えた。「前以上に雰囲気が良くなった階段を見て、さらに追加する事を決め」、その後すぐに、食事部屋の窓も張り替えた。

 「ゆめあり」の製作販売を手掛ける「ユニアート」(水戸市)の中川社長と、同旅館の吉岡さんは以前からの知り合いで、雑談の中から今回の障子リニューアルの提案が出た。「知り合いだった事もあって打ち合わせもスムーズに済み、通常の営業を行いながらリニューアルできた」と吉岡さん。

 今後、他所の張り替えも視野に入れる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

筑波山梅林では、2月21日~3月29日に開催される「第42回筑波山梅まつり」のPRが1月16日の横浜駅でのキャンペーンを皮切りに始まった。7人のつくば観光大使が、それぞれの場所で呼び掛ける。 9日には、7人全員で、茨城県知事を表敬訪問。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング