買う

つくばの居酒屋でマルシェ コロナ対策万全に、人とのつながり感じて

前回の辰海マルシェの様子

前回の辰海マルシェの様子

  • 0

  •  

 モノやサービスを通じた温かな交流を目的としたマルシェイベント「辰海マルシェ20' 秋」が9月13日、海鮮や辰海(つくば市松野木)で開催される。

 飲食だけでなく、アクセサリーや雑貨の販売、整体や美容ワークショップなどつくばや土浦などから計12店が出店。「海鮮や辰海」も特製海鮮丼を提供する。

[広告]

 主催の渋谷直樹さんは筑波大卒業生。大学在学中から同店でのイベント企画などを通してつくばの地域活性化を目指してきた。現在は大阪に勤務しており、今回のイベント準備は主にオンラインでのやり取りとなったという。「他に現場でやってくれる人と協力し、役割分担をしたためスムーズに準備ができた」と振り返る。

 「中止を考えたが、リアルな人とのつながりを目指したイベントだからこそ、感染予防対策を徹底した上での開催を決めた」と渋谷さん。スタッフのマスク着用を義務付け、パーティションやカーテンを設置する。参加者にもマスク着用や消毒などの協力を仰ぐ。コロナ禍で出店の機会が減ってしまった店舗からは喜びの声が上がったという。「これまで継続してきたことで、助け合いながら応援し合える関係性が築けている」と語る。

 「個人的なお薦めは『Yindee』の蜜ろうラップや、『teshigoto_yuki』のエコバッグ。エコバッグの需要やサステナブルな暮らしへの関心が高まる中で、注目してほしい」と言い、「感染予防対策を万全に、楽しんでほしい」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は10時~16時。