見る・遊ぶ

スラックライン世界チャンピオン、つくばで初イベント出演

スラックライン競技の様子

スラックライン競技の様子

  •  
  •  

 スラックラインの世界チャンピオン須藤美青さんが3月21日、バンライフをテーマに、トークイベントやマルシェなどを行うイベント「つくばVAN泊2019」に出演する。つくばでのイベント出演は初めて。

 スラックラインは、5センチ幅のベルト状のラインの上で縦回転や横回転行い、美しさを競う競技。須藤さんは2017年に世界ランキング1位となった。

[広告]

 須藤さんは栃木出身の19歳で、プロとして活動し始めてから4年になる。スラックラインについて「大人と子ども、男女関係なく、できる人が教える文化がある。いろんな年代が関われる」と魅力を話す。「サッカーや野球と違って、うまい人が身近にいないのがマイナースポーツ。『できない』というところから話が始まるのも面白さ」とも。

 「競技人口は増えつつある」というが「認知度が低いとプロであっても活動資金の捻出が苦しい。まずはスラックラインの面白さを普及し、応援していただきたい」と土浦を中心にイベント出演など活動の範囲を広げる。

 イベントではパフォーマンスと体験会を行う。須藤さんは「つくばでも、さまざまな人に見てもらいたい。見た目はすごく簡単そうに見えるのがスラックライン。実は片足で立つだけでも難しい。子どもから大人まで、まずは体験してみてほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~20時30分。イベントは入場無料。スラックライン体験は500円。

  • はてなブックマークに追加