見る・遊ぶ 学ぶ・知る

つくばで「紙ブッフェ」 特殊加工や印刷を楽しく広める

前回の様子

前回の様子

  •  
  •  

 紙の詰め合わせイベント「はぎれ市」が9月21日、22日、黒田印刷「DECO-CARDトレーラーハウス」(つくば市栗原)で行われる。今回で2回目。

 5月に初開催した同イベント。前回と同様、目玉は専門店でしか買えない特殊用紙の詰め放題「紙ビュッフェ」。専用ケースの中にポストカードサイズの紙を詰められる。300グラムまでが1,000円(税込)。購入した紙をエンボス加工する体験も。1000円以上購入するとオリジナルのハロウィンカードをもらえる。

[広告]

 当初はデザイナーやクリエーターが来るのではと想定していたが「印刷会社として普段は全く関わらない一般の人が大半で驚いた」と 担当の黒田尚美さん。「紙が好きと言って東京からわざわざ来てくれた人もいてうれしかった」と話す。前回の開催で、受注に結び付いたのは2件。「仕事に直結できるともちろんより良いが、シンプルに、印刷や紙に興味を持ってくれる人を増やし、楽しく続けていきたい。目標は季節ごとに年に4回開催すること」と語る。

 「たくさんの人に珍しい印刷や特殊加工を実感してほしい。気軽に立ち寄っていただきたい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は、10時~16時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加