天気予報

20

8

みん経トピックス

常総で「粟嶋さま例大祭」つくばで自転車フォーラム

福来みかん使ったつくばご当地ラーメン「福来そば」、つくばラーメンフェスタでお披露目

 第3回となる「つくばラーメンフェスタ2014」が10月11日~13日の3日間開催され、つくばの特産の福来(ふくれ)みかんを使った「福来そば」が初披露された。



 つくばはラーメンの件数や種類も多い激戦区で、つくばの特産を生かした福来ミカン普及のためラーメンで盛り上げようと、数店が協力してご当地ラーメンプロジェクトが始動した。その第1弾として、つくば市内でもつけ麺で人気のある「活龍」が福来みかんの皮の粉末を練りこんだ麺で、タイ煮干しで丁寧にダシをとったあっさりスープが特徴。3日間で2400食を販売した。

福来ミカンの皮を乾燥させて作る陳皮は、収穫量の少なさと需要の多さから1キロ6,000円~8,000円ともいわれる高級品だ。

 活龍を経営する天辺ダッシュカンパニー(つくば市花畑)の芝山健一社長は「スープのインパクトが強い店が多い中、麺が主役のラーメンを開発した。一口すするとタイの香り、福来麺の爽やかな香りが追いかけてくる、その感覚は今までにないラーメン。ミカンなどのかんきつ系は、実はとてもラーメンとの相性がいい。魅力度が最下位の茨城を見返すため、このラーメンから発信して少しでも魅力を感じてもらえれば」と意欲を見せる。

 福来そばは近々、「活龍本店」でも提供を予定し、11月中旬には福来麺の第2弾ラーメン「酸辣湯麺」も提供予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

筑波山梅林では、2月21日~3月29日に開催される「第42回筑波山梅まつり」のPRが1月16日の横浜駅でのキャンペーンを皮切りに始まった。7人のつくば観光大使が、それぞれの場所で呼び掛ける。 9日には、7人全員で、茨城県知事を表敬訪問。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング