食べる

「#石岡エール飯」プロジェクト始動 SNS投稿でテークアウト販売店応援

「石岡エール飯」チラシを持つプロジェクトメンバー

「石岡エール飯」チラシを持つプロジェクトメンバー

  • 0

  •  

 いしおか応援プロジェクト実行委員会が4月4日、地元飲食店ののテークアウトメニューをSNSに投稿して消費拡大を促す「石岡エール飯(めし)」プロジェクトを始動した。

 「美味(うま)いはコロナに負けない。持ち帰ろう、石岡の美味(うま)い飯。」をキャッチコピーに掲げ、石岡市内の飲食店を応援する同取り組み。「テークアウトに挑戦する飲食店もあるが、せっかくのチャレンジも市民が認知しなければ地域経済活性化にはつながらない」と考える地元有志で運営する。プロジェクトには、販売者、購入者関係なく、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどSNSでハッシュタグを付けて投稿することで参加できる。

[広告]

 プロジェクト発足のきっかけは3月に大分県別府市で始まった「#別府エール飯」。東京都東村山市でも「#東村山エール飯」という形で広まったという。同プロジェクトメンバーの酒販店「志筑屋」の竹村太一朗さんによると、東村山市で活動していた飲食店の店主とつながった際に「石岡でもやってみては」と声を掛けられ活動を始めたという。竹村さんは「自粛ムードで積極的に食べに来てと声を上げられない飲食店と、外食も自粛せざるを得ない市民をつなぐ役割ができれば」と意気込む。

 現在、プロジェクトメンバー募集のチラシ配布、参加店への声掛けやSNSを通じた情報の更新などのPR活動を行っている。ロゴやキャッチコピーなどは別府市の素材を使い、「常陸住宅」社長の中島真吾さんが作成した。3月最終週からチラシ作成などを始め、4月4日からPR活動を始めたという。

 竹村さんは「活動を始めて間もなく1週間、ハッシュタグを見て実際にテークアウト購入してもらったという声が店から届いたり、一般のお客さんにまだ紹介していない店を紹介してもらったりといった反応がある」と話す。

 「現在、石岡市の飲食業に限らず、全国単位でイベント業や観光業などさまざまな業種業界が苦境に立たされ始めている。そんな中でもやれる事はまだまだある」と竹村さん。「明けない夜はない。こんな状況だからこそ力を合わせ、諦めずに苦境を乗り越えたい」と力を込める。

  • はてなブックマークに追加