見る・遊ぶ 暮らす・働く

つくば駅前で「ランタンアート2019」 作って並べて見て楽しむ7000の明かり

ランタンアートの様子

ランタンアートの様子

  •  
  •  

 つくば駅前に約7000個のランタンが並ぶ「ランタンアート2019」が12月14日、15日に開催される。主催はつくば市センター地区活性化協議会。

 つくば駅前センター地区のペデストリアンデッキから中央公園まで広がる同イベント。クリスマスの時期になると同地区にはイルミネーションが点在するが、それらをつなげる役割として同協議会発足時に考案され、今年で11回目となる。

[広告]

 ランタンは画用紙に描いた絵をくりぬき、点灯するというシンプルな仕組み。7000個のうち、5000個は地元の小学生が作製する。市内の小学校に協力してもらい、1人1個を作る。同協議会の神村典子さんは「単純計算で5000人が関わる。地域のお祭りがないこのエリアで、子どもたちが見るだけでなく作るといった積極的に関われる参加型のイベントになれたら」と話す。

 現在、つくばクレオスクエアのQ't(キュート)(つくば市吾妻1)1階フードコート横で絵描きワークショップも行っている。対象は小学生から大人まで。開催時間は10時~20時。参加無料。12月1日まで。イベント当日はBiViつくば2階でランタン工作コーナーを設け、描いた絵をその場でランタンにできる。

 「7000個の中から自分で作ったランタンを探す楽しみもある」と神村さん。「イルミネーションはLEDだが、こっちはじか火。スイッチでつくわけではない」といい、ボランティアの手を借りながら一つ一つ火をつけていく。毎年、点灯を楽しみにしている子どももいる」と話す。

 令和初の開催であることから、2014(平成26)年に竹園東中学の生徒が考案した「ランタンマン」の令和バージョンデザインコンテストも行う。

 ランタンアートの開催時間は16時45分~19時30分。入場無料。

  • はてなブックマークに追加