見る・遊ぶ 暮らす・働く

筑波大そばのコワーキングプレイス3周年 「場の醍醐味感じられる日に」

1周年イベントの時の様子

1周年イベントの時の様子

  •  
  •  

 筑波大学すぐそばのコワーキングプレイス「Tsukuba Place Lab」(つくば市天久保3)で、12月1日にイベント「3周年だよ!全員集合!」が行われる。
 2016(平成28)年12月1日にオープンした同所。筑波大学の近くという立地だが、社会人の利用も半数を占め、代表の堀下恭平さんは「赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで、さまざまな方にご利用いただいている」と話す。「『あらゆる挑戦を応援する場』だからこそ、『みんなのやりたい』が集まる、みんなで楽しめる場づくりがしたい」と言う。

茨城拠点「日々かりめろ」が結成3周年 「自慢したくなるアーティストに」(水戸経済新聞)

 オープン3周年の記念となる同イベントでは「16時間みんなのやりたいことをやり続けよう!」を合言葉に朝7時から23時まで、イベントを25本~30本ほど開催する予定。同所の利用者を中心に第1部「みんな自由にごちゃまぜ!」では理科の実験や筋トレイベントなどを行い、第2部「怒涛(どとう)のトークイベントラッシュ!」では長野や金沢など全国から招いたゲストとのトークセッションを展開。

[広告]

 「常連さんはもちろん、初めてお越しいただく方にとっても、Labの醍醐味(だいごみ)を感じられる一日にきっとなる」と参加を呼び掛ける。

 同イベントのチケットなどをリターンとし、クラウドファンディングも12月1日まで展開する。

 開催時間は7時~23時。参加料は大人=1,000円、未就学児無料。

  • はてなブックマークに追加