見る・遊ぶ

閉鎖されている筑波大宿舎でアート展 部屋ごとに作品展示

平砂宿舎9号棟と、主催の阿部さん(左)、栄前田さん(右)

平砂宿舎9号棟と、主催の阿部さん(左)、栄前田さん(右)

  •  

 現在閉鎖されている筑波大学平砂宿舎9号棟(つくば市天久保2)とその周辺施設で5月20日~6月2日、 「平砂アートムーヴメント2019」が開催されることが決まった。これに伴い作品を募集する。

 主催する筑波大芸術専門学群2年の栄前田愛香さんは「宿舎という、美術館のように、作品が作品だと分かる場所以外で作品展示をできれば面白いと思い企画した」と話す。

[広告]

 期間中、展覧会のほか、洗浄ペイントや他団体とのコラボ企画も予定し、開催前には作品の講評会も行う。教授や学生で意見交換を図り、作品クオリティークオリティの向上を図るという。

 共同代表の阿部七海さんは「筑波大生だけでなく、近隣に住んでいる方など、いろいろな方に見に来ていただいて、芸術鑑賞の面白さを感じていただけたら」と話す。

 作品募集は2月7日~28日。「作品は基本的に一つの部屋の中で展示してもらうが、宿舎の廊下やトイレ、外の庭も使ってみてほしい」と呼び掛ける。

 筑波大生で、制作を行う学生は誰でも応募可能。先着順。定員は50人名。応募に先立ち、会場の下見も可能。下見は2月を予定。